税理士が行う内容とは


税理士は税金のプロで、税金に関係するさまざまな場面で頼りになります。相続相談をする際に税理士に依頼すると、相続税の計算や申告といった事を行ってもらう事ができます。特に相続税の申告は税理士にしかできない手続きですから、相続税の申告をしなくてはいけない場合は必ず税理士に相続相談をするようにしなくてはいけません。ただ、気を付けたいのは相続税は絶対にかかるという訳ではなく、最低でも3600万円を超える相続財産が無いと発生しないという点です。

相続というと相続税が必ずかかってしまうと考えてしまいがちですが、実際には3600万円を超えない限りは支払う必要はありません。ですが相続財産がどのくらいなのかは自分で割り出す事はできませんから、税理士に相談をする事で相続税の計算をしてもらう必要があります。相続税がいくらになるのかは計算をしてみないとわかりませんし、そもそも相続税が発生するほどの相続財産があるのかどうかも素人ではわかりません。税理士に相談する事で、きちんと相続税を支払う必要があるのかどうかを知ることができます。

税理士に相談をするという事は、相続税が発生するのかどうかを知り、その上で相続税の申告に必要な手続きを行って貰えるという事になります。きちんと相続税が発生するかどうかを確認し、その上で必要な場合は申告をしてもらえるという事が、税理士に相続相談をした際に行って貰えるサービスとなっています。